2013年04月01日

千葉ではこれが最後のお花見

番外編in千葉

会社のすぐ近く、
自転車で1分の場所にある
お花見スポットの遊歩道。
CA3K0396.JPG

CA3K0397.JPG

CA3K0410.JPG

CA3K0399.JPG
ここの景色ももう見納めです。


コンビニもすぐ近くにあって
食材もすぐに手に入る絶好の
場所だったのですよ。

ここの桜は若いのかどうか
わかりませんが、白くないんですよ。
かなりピンクで綺麗です。

ところで、
団子という名称で売っている
ものではなくて“お花見団子”という
名称で売っているものは
たいてい“ピンク・白・緑”という
配色だということはご存知ですか?

意味があって、
ピンクが春の息吹 桜を、
白は冬の名残りの雪を、
緑は、夏への予兆 よもぎを表し
秋の色が無いから
飽きないという
ことなのですよ。

だから3個串なんですね。

ラベル:花見 花見団子
posted by ESE at 20:08| 青森 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 蘊蓄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

青森ホタテ、美味し!


イオンの火曜市で
青森県産の殻付きほたて貝が
1枚50円で売っていたので
買ってきました。
CA3K0115.JPG
焼いて食べます^^
CA3K0118.JPG
これだけ身が厚いと
食べがいがありますね。

・・・・・・・・・・・

ところで知っていましたか?

少し前、某ビールのCMで、
ホタテ貝を直接火にかけて
バカッと貝殻が開いた時に、
貝柱が下にあって美味しそうに
見えるCMがありました。

実はアレ、嘘なんです・・・(´Д` )

何が??

実はホタテを貝殻ごと火にかけると
火にかけた側の貝柱から先に
殻からはずれます。

つまり、
ホタテの身は貝殻の上にくっついている
状態ということに。

普通、ホタテ貝は貝殻のひらべったいほうを
下にして火にかけますが、しばらく焼いて
貝柱がはずれたら、すぐにひっくり返すことにより
今度は少し膨らみのあるほうが下側になるので
これにより煮汁がこぼれにくくなるし、
お酒、醤油を入れる準備が整うのです。

お好みによりバターなどを入れても
美味しい^^

刺身でも美味しく食べられるホタテ貝を
焼くという贅沢^^


お酒が進む、ススム^^;

posted by ESE at 21:41| 青森 ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | 蘊蓄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

明日は節分 恵方巻き

今や節分が近くなるとコンビニでもスーパーでも
当たり前ように恵方巻きを食べましょうという
キャッチコピーがありますが、
子供の頃にはなかった風習ですね。

調べてみたら、由来は
陰陽道でその年の干支によって
定められた最も良いとされる
方角『恵方』に歳徳神(としとくじん)が
おり、その恵方に向かって
巻き寿司を食べる、その食べる巻き寿司を
恵方巻きと呼ぶそうです。

恵方巻きは目を閉じて
願い事を思い浮かべながら、
1本まるごと食べ、
恵方に向かって海苔巻きを
丸かぶりすることから丸かぶり寿司
とも呼ばれる、ということです。

まぁ、由来はともかく、
これが広まったのは関西からで、
商業的に販売促進を目的とし、
地域の行事に便乗して
売上をあげる為の手段です。

1本丸ごと食べる前に
色々な味を試すことのできる
パックがありました。
IMG_5265.JPG
家族でたべるので
IMG_5266.JPG

IMG_5268.JPG
もっと色々揃えて・・・ ^^
IMG_5269.JPG
まぐろはみんなで分け合うと足りなくなりません ^^;

話をもどして、
恵方巻きですが、
実際のところ、
太巻きを1本まるごと
食べるって苦行じゃないですか?
しかも、無言で食べるって、
太巻きだと結構時間がかかるので
無理っぽくないですか?
ラベル:恵方巻き 節分
posted by ESE at 22:10| 青森 ☁| Comment(6) | 蘊蓄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。