2013年05月08日

天岳 再訪 丼ぶり無料


先月4月10日にOPENした
八戸は新井田の 麺屋 天岳

一ヶ月経過したので
色々落ち着いただろうと
思い、行ってみました。

うーんと、
お昼にはちょっと早いとは
いえ、誰もお客さんが
いない店内に入るののは
ちょっと抵抗がありますね^^;
DSCF9048.JPG
ま、1人でも
カウンターではなく
テーブルに座れるし、
写真も撮りやすいので
私的にはOKですが・・・。

メニューは
DSCF9045.JPG
天岳らぁ麺(680円)、
しょうゆ(650円)、
塩(630円)、
赤とんこつ(780円)、
白とんこつ(730円)、
あごだし(580円)、
にぼし(530円)、
お子様らぁ麺(500円)
等がありますが、

店員さんにお聞きした所、
とんこつに限らず、
どのラーメンでも
替え玉(150円)は可能だそうです。

で、気になるのは
この天井にある
DSCF9047.JPG
“肉の贅沢らぁ麺”(1,380円)
“海の贅沢らぁ麺”(1,280円)
高いですねぇ。
1日5食限定って、
さぞかし
美味しいんでしょうねぇ。

でも、こんなものは
私には到底注文出来ないので
あごだしラーメンを注文です。

DSCF9046.JPG
何と、
ラーメンを注文したら
通常120円の
DSCF9044.JPG
これらの丼ぶりもの
@玉子
Aたぬき
B梅
Cかつおぶし
D梅がつお
Eバター
Fネギチャー
Gチャーマヨ
の8種類のうちいずれか
ひとつが
無料でいただけるそうです。

今回はネギチャーを
頼んでみました。

でも注文をとり終わった後、すぐに
メニューを持っていってしまうのは
感心しませんね。

注文した後でも
ラーメンがくるのを待つ間に
とか、
ラーメンを食べながらでも
今度このお店に来た際には
これでも頼んでみようかな、
とメニューを見ながら
吟味するのが楽しいのですから
メニューを目の前から
撤去するのは断固反対!
プンプン・"(>0<)"・

おっと、そんなことを
考えているうちに
きました。
DSCF9055.JPG
あごだしのスープは
あっさりしているけれども
DSCF9058.JPG
香ばしくて風味豊か。
DSCF9060.JPG
うん、岩のりも調和がとれていて
おいしいです。
DSCF9054.JPG
ネギチャーも
大体想像出来る味の範疇でしたが
無料なら是非頼むべきものですね。

このチャーシュー1枚を見て、
味わってわかることは、
DSCF9063.JPG
前回食べたラーメンに
入っていたものは
豚バラ肉を使ったものでしたが
今回は違うので
この店のチャーシューは
1種類ではなく
ラーメンによって
使い分けているということ。

この網目模様から
伸縮性のあるネットに
入れて煮込んだものであること。

豚もも肉の中でも
シンタマと呼ばれる
赤身部分であること。
肉質が柔らかく
煮込みすぎれば
固くなるので取り扱い注意な
部位なのですが、これは
柔らかいままなので
うまい作り方をしているということ。

店主さん、良い腕していると思いますヨ。

私が時々、
ラーメンに
チャーシューが
入ってなかった、と
愚痴をこぼしているのは
チャーシュー1枚に
これだけ詰まっている
情報を汲み取れないから
なんですよ。
けっして
せこいからでは
無いのですっって
セコイのは知られているから
無理があるか(^^ゞ

丼ぶり無料は
11時開店〜15時までの
ランチタイムのみのサービスです。
DSCF9042.JPG
営業時間
11時〜21時
DSCF9065.JPG
posted by ESE at 00:00| 青森 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月30日

ラーメン希々屋


前記事の居酒屋の後、
〆のラーメンを食べに入ったお店。
ラーメン希々屋
DSCF8898.JPG
長横町はよく通るのに
今まで、見たことのない
お店だったので
調べてみたら
4月5日に出来たばかりのお店でした。
まだ一ヶ月も経っていない
出来立てホヤホヤのお店ですね。
DSCF8910.JPG
新しいお店らしい清潔な
店舗です。

飲みなおしに
ビールを頼みましたが、
DSCF8905.JPG
グラスをキンキンに
冷やしている気遣いが
嬉しいです。
DSCF8899.JPG
ラーメンはワンコインの
「あっさり塩」を注文。
DSCF8914.JPG
夜10時開店の
直後でしたが、
お客さんがすでに3人
入っていました。
これは普段から
混んでいることが
推測できます。

ほどなくやってきた
あっさり塩ラーメンは
DSCF8917.JPG
exclamation
ウニ、岩のり、ワカメなどの具材が
乗っています。
これで500円ですか!?

安い。

これならウニラーメンとして
800円くらいはしても
不思議はないラーメンです。

ウニは焼きカゼ
(八戸の方言でウニのことを
カゼと言う)
で、もちろん美味しいにきまってます。
DSCF8919.JPG
ラーメン自体もあっさりした
スープで全体が良くまとまって
おり、ウニのインパクトだけに
頼って味をごまかすような
ことをしていません。

これは良いですよ。

夜10時開店というのは
ちょっとハードルが
高いですが、
飲みの〆には
かなり重宝するお店では
ないでしょうか?

営業時間は22時〜翌5時。日曜・祝日定休
posted by ESE at 00:00| 青森 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

金太郎 牛バラそば



DSCF8668.JPG
昼はラーメン屋さんの金太郎、
夜は居酒屋の“あおもり家はなれ 銀太郎”に
なるお店。


DSCF8667.JPG
“青森県産牛バラそば”の
半額クーポンがあったので
行ってまいりました。
DSCF8672.JPG
おしゃれなカウンター席は
向いに座った人と目が
会うので都合が悪いゾ。

DSCF8675.JPG
食事をされたお客様限定という
+ランチセットの
ご飯(おかわり自由)
TKG(卵かけご飯)
すじこご飯
たらこご飯
塩辛ご飯
バター醤油ごはん
チャーシューまぶしご飯
は100円です。

今回はこれら頼んで無いけどね^^;
DSCF8670.JPG
牛バラそばは通常880円で
青森県産牛焼肉が
50g使われているそうです。
DSCF8680.JPG
あいかわらず
平たい大きな
皿に入れてますね。
DSCF8693.JPG
余白部分が多すぎて
実際にはそんなことはなくても
量が少なく見えるし、
さめるのが早いのは
気のせいではないと
思うんですよね。

牛肉はたくさんの玉ねぎの
上に乗っています。
DSCF8695.JPG
長ネギもかなり多め、
シャキシャキの
水菜も入ってますね。

おいしい・・

ことはおいしいのですが・・・

牛焼肉がおいしい、
ラーメンがおいしい、
スープがおいしい、
それぞれが独立しておいしい
という感じで
一体感がない不思議な感じです。

柚子こしょうが
合うということで
少し入れてみましたが、
合うのかどうか
よくわかりませんでした。

あくまで私の個人的な見解であり、
感じ方は人それぞれでしょうが、

悪くは無いけど、これらを一緒にする
必要があるのかな?という感じでした。

他のメニューはこんな感じ。
DSCF8674.JPG

DSCF8676.JPG

DSCF8678.JPG


あおもりラーメンと究極の大衆居酒屋
金太郎

〒030-0853 青森県青森市金沢3-31-7

017-729-3990

営業時間
11:00〜15:00
18:00〜24:00
土 11:00〜24:00
日 11:00〜22:00


posted by ESE at 00:00| 青森 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。