2013年05月11日

昔のコーヒー代は今の昼食代


先日、シーガルビューホテルの
ウニ・カニ・イクラ丼の記事を
書きましたが、
DSCF9090.JPG
同じ日、同じ場所で、もうひとつの
ストーリーがありました。

レストランの開店時刻が
ホームページ上に記載されて
いなかったので大体11時開店の
パターンが多いから、早めに行って
みるかってノリでホテルまで行きました。

しかし、レストランは11時30分開店。

30分、時間が余るので
しかたなく
(ホテル内の)隣のラウンジに
入店。

メニューにある
DSCF9094.JPG
“匠のコーヒー”
を見て・・・・



昔々、私がまだ結婚する前だから
20数年前のこと、
世の中の景気も、私の景気も
良い時代がありました。

その時代をバブルと呼びます。

大体、1986年〜1991年位の
ことだったと思います。

その頃は私も
コーヒーを飲む為だけに
喫茶店なんて洒落たお店に
入ることもあったのです。

そんな時代に
良く通っていた
今は無き
長横丁のコーヒー店
「匠」

今、このメニューを見て
古き良き時代を思い出し、

一番安いコーヒーを
頼んで時間を潰す筈だったのですが、
つい、ノスタルジィに浸ってしまい
「匠のコーヒー」525円を
頼んでしまいました。

最近はこの金額がお昼代金なので
コーヒーだけにこの値段を
使っていた時代って
ずいぶんと裕福だったんだなぁ。


しばらくして持ってきた
コーヒーカップは
DSCF9103.JPG
あれ、ふふふ、これ、
匠で使っていたものに
似ている。
感傷に浸っているからそう見えるのかな。


マスター:
「砂糖をお使いならば先に入れてください、
上から生クリームをいれますので」

あぁ、そうですか。えっ?
ここまでおんなじなんだ。
まさか・・・。

生クリームを入れてもらうと、
さらに
「香りづけにブランデーをたらします」
DSCF9104.JPG
何!?
これは・・・・・
「匠のコーヒー」そのものじゃあないか!?

さすがにここまで同じなら
聞かずにはおられません。

私:
20年以上前になると思うのですが、
八戸の街中にあった「匠」と
ここのお店は何か関係があるのですか?

マスター:
あぁ、ホテルの支配人が匠のマスターに
どうしてもって無理を言って
来てもらっているのですよ。
週末はカウンターにも
立ちますよ。

とのこと。

・・・マジですか?
「匠」のマスター、何歳になるんだ??
まだ現役だったのか・・・。

と、いう話がその日あり、

いよいよ週末ですよ。
マスターに会いに行ってきました。

さすがに歳相応のお顏になられて
いましたが、私のことも
覚えてくれていて
さすがに現役、
シッカリしています。

不特定多数相手の客商売ですから
忘れていても覚えているフリを
しているのかと勘ぐっていたのですが、
当時私が勤めていた会社の名前まで
覚えており、私個人を覚えて
いてくれたのがわかり感激しました。

またこのコーヒーを
飲めるとは思っていなかったので
通いたくなったらどうしよう・・。
私のお昼代が無くなってしまうかも^^;


続きを読む
posted by ESE at 15:24| 青森 ☁| Comment(16) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

勉強? してきました


当然のことながら、
数学や物理などの教科を
勉強してきたのではなく、

今日の時間割は
午前 お茶 と
午後は ビールの注ぎ方 です^^;



と言っても
堅苦しく真面目に勉強したのでは
なく
DSCF8503.JPG
受講料は無料だからね。
DSCF8496.JPG
お茶を点(た)てて
いる方を見ながら



みんなド素人なので
解説を聞きながら

DSCF8494.JPG
椅子に座って
干菓子を食べて、
お茶を飲むだけです。
DSCF8498.JPG
ただ、ちゃんと煎れた
お茶は美味しいと
いうことはわかりました。

お茶は宗偏流
DSCF8515.JPG

お茶というと素人が目や耳に
するのは表千家、裏千家位のものだから
自分は知らないと思いがちですが、
多くの方は年末に番組は違えど
赤穂浪士討ち入りのTVを
見たことがあると思います。

日頃は、討ち入りを恐れて、
家を留守にすることが多かった
吉良でしたが
お茶会を開いたことにより
在宅が赤穂浪士にバレてしまい
結局最後は皆様も知っている
結末に向かうわけですが、

吉良上野介のお茶の先生が
山田宗偏です。
つまり吉良邸では
宗偏流でお茶をたてている訳。

ある年齢以上の日本人なら
大抵は知らず知らずのうちに
宗偏流を見ていることになります。

(正しい表記は写真を
ご覧いただければ
わかりますが、
パソコンで変換できない
為、便宜上“宗偏流 ”と
書かせていただいております)

で、もって午後は


キムタクのTVCMでお馴染み、
ザ・プレミアム・モルツセミナーの
お時間です。
DSCF8526.JPG
これ、全部で20分位なのですが
ビデオを見てキレイなお姉さんの
話を聞いて、グラスへの
注ぎ方のコツを聞いて
終わりで、
DSCF8527.JPG
キムタクがTVCMでも
使っているのと同じ
DSCF8536.JPG
“うまいがすごいグラス”
を貰ったり、
クリアファイルやメモ帳が
入ったステーショナリーセットを
貰ったり、
DSCF8535.JPG
ま、本当はもっと色々なことがあって・・・

お得な日でした^^


posted by ESE at 00:00| 青森 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

プライスレス!


DSCF8271.JPG
これは私の携帯電話のケース
かなり以前に

退職後、暇になったから
何となく皮細工でもしてみようかと
思って作ってみた、と言う
叔父さんから作って貰いました。


その叔父さんの家に
千葉に行っていたお土産を
持って行きましたところ、


財布を貰いました。
DSCF8281.JPG
叔父さんの
手作り、かなり
進化しています。
DSCF8282.JPG
普通に売っていておかしく
無いレベルですが、
素人なのでもちろん
市販はされていません。
DSCF8284.JPG
でも、ごく普通に
数万円で売っていて
おかしくないレベルの
出来です。
小銭入れついているし、
札入れには中の仕切りも
ついています。

私は貧乏なので
ハンドメイドの
皮の財布なんて
買うことは
絶対にありませんから
これは嬉しい。

売っている訳ではないので
価値は値段に置き換えることは
出来ないし、
もともと私にくれる
為に作ってくれていたという
ものですから
これほど
“プライスレス”という
言葉が似合う贈り物も無いでしょう。
叔父さん!!
大切に使わせて貰います。
ありがとうございます!!


タグ:財布 携帯
posted by ESE at 22:16| 青森 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。