2013年05月11日

昔のコーヒー代は今の昼食代


先日、シーガルビューホテルの
ウニ・カニ・イクラ丼の記事を
書きましたが、
DSCF9090.JPG
同じ日、同じ場所で、もうひとつの
ストーリーがありました。

レストランの開店時刻が
ホームページ上に記載されて
いなかったので大体11時開店の
パターンが多いから、早めに行って
みるかってノリでホテルまで行きました。

しかし、レストランは11時30分開店。

30分、時間が余るので
しかたなく
(ホテル内の)隣のラウンジに
入店。

メニューにある
DSCF9094.JPG
“匠のコーヒー”
を見て・・・・



昔々、私がまだ結婚する前だから
20数年前のこと、
世の中の景気も、私の景気も
良い時代がありました。

その時代をバブルと呼びます。

大体、1986年〜1991年位の
ことだったと思います。

その頃は私も
コーヒーを飲む為だけに
喫茶店なんて洒落たお店に
入ることもあったのです。

そんな時代に
良く通っていた
今は無き
長横丁のコーヒー店
「匠」

今、このメニューを見て
古き良き時代を思い出し、

一番安いコーヒーを
頼んで時間を潰す筈だったのですが、
つい、ノスタルジィに浸ってしまい
「匠のコーヒー」525円を
頼んでしまいました。

最近はこの金額がお昼代金なので
コーヒーだけにこの値段を
使っていた時代って
ずいぶんと裕福だったんだなぁ。


しばらくして持ってきた
コーヒーカップは
DSCF9103.JPG
あれ、ふふふ、これ、
匠で使っていたものに
似ている。
感傷に浸っているからそう見えるのかな。


マスター:
「砂糖をお使いならば先に入れてください、
上から生クリームをいれますので」

あぁ、そうですか。えっ?
ここまでおんなじなんだ。
まさか・・・。

生クリームを入れてもらうと、
さらに
「香りづけにブランデーをたらします」
DSCF9104.JPG
何!?
これは・・・・・
「匠のコーヒー」そのものじゃあないか!?

さすがにここまで同じなら
聞かずにはおられません。

私:
20年以上前になると思うのですが、
八戸の街中にあった「匠」と
ここのお店は何か関係があるのですか?

マスター:
あぁ、ホテルの支配人が匠のマスターに
どうしてもって無理を言って
来てもらっているのですよ。
週末はカウンターにも
立ちますよ。

とのこと。

・・・マジですか?
「匠」のマスター、何歳になるんだ??
まだ現役だったのか・・・。

と、いう話がその日あり、

いよいよ週末ですよ。
マスターに会いに行ってきました。

さすがに歳相応のお顏になられて
いましたが、私のことも
覚えてくれていて
さすがに現役、
シッカリしています。

不特定多数相手の客商売ですから
忘れていても覚えているフリを
しているのかと勘ぐっていたのですが、
当時私が勤めていた会社の名前まで
覚えており、私個人を覚えて
いてくれたのがわかり感激しました。

またこのコーヒーを
飲めるとは思っていなかったので
通いたくなったらどうしよう・・。
私のお昼代が無くなってしまうかも^^;



マスターに会う他にこの
ホテルに来た目的がもうひとつ。
DSCF9099.JPG

DSCF9101.JPG
このホテルの駐車場に停めて
週末に一般公開をしてくれるようになった
鮫角灯台に行きたかったのです。

DSCF9107.JPG
でも、看板の
真ん中を良く見ると
DSCF9108.JPG
本日は行けないみたい。

今日は天気が悪いから
今度天気の良い
眺めの良い日に
再度来たいと思います。

posted by ESE at 15:24| 青森 ☁| Comment(16) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素敵なお話ですね^^
とても懐かしく美味しい一杯だったでしょうね。
Posted by りりり at 2013年05月11日 16:13
コーヒー屋の極意を感じました、ここまでくると凄いとしか言えません。
Posted by ヤキリンゴ at 2013年05月11日 19:14
とても良い再会をされたんですね(*^_^*)
行きつけのお店も無い私はこんな経験できないですね〜
自分へのご褒美に時々行けると良いですね^_^
Posted by はふり at 2013年05月11日 20:55
へぇ…

しかし、すごいですねぇ…

こんなことって、あるんですね♪

わたしは、ここまで劇的ではありませんが、

学生時代のいきつけのてんぷら屋さんで、

同じような経験がございます。

うれしいものですよね☆

Posted by トニー at 2013年05月11日 23:16
灯台が開放されてるなんて・・・
ゴールデンウイークに行きたかったなあ(・_・;
Posted by 浜少年 at 2013年05月12日 09:38
なんということでしょう・・・
匠の手にかかれば・・・(笑)
思い出のコーヒー・・・・プライスレスですね(*^_^*)
Posted by kリーダー at 2013年05月12日 20:57
こんばんは(#^.^#)
何気に涙腺が緩んじゃいました。
お店の方って、結構お客の事を覚えてるもんですよ!
自分も一回行った麺屋さんでそんな話をした経験あります。
涙腺が弱っているのか?ちょっと・・・うるうる来ちゃいました(V)o¥o(V)
Posted by 鉄骨スープ at 2013年05月12日 21:04
りりりさん、おはようございます♪
懐かしいってもんじゃない位昔の話ですからね。
それはもう美味しいですヨ。
Posted by ESE at 2013年05月13日 07:17
ヤキリンゴさん、ねぇ。自分でお店をやっているとそれぞれのお客さんのことを覚えようとしているのかもしれませんね。
Posted by ESE at 2013年05月13日 07:19
はふりさん、おはようございます♪
自分へのご褒美かぁ、良い言葉ですね。何か頑張ったと思う時に行こうと思います。良いヒントをいただきました。ありがとうございます。
Posted by ESE at 2013年05月13日 07:20
トニーさん、学生時代から天ぷら屋に通っていたのですか?私は天ぷら屋は敷居が高くていまだに入ったことが無いですよ^^;
Posted by ESE at 2013年05月13日 07:21
浜少年さん、GWも天気が悪かったからね。これから天気の良い土・日・祝を狙ってください。やはり灯台からの眺めは晴れている時が最高ですから。
Posted by ESE at 2013年05月13日 07:22
kリーダーさん、ナイス!ちゃんと声も調子も再現して読むことができました^^
Posted by ESE at 2013年05月13日 07:23
鉄骨スープさん、麺屋さんでそういう話があるのも凄いですね。コーヒー屋さんだとそれなりにマスターと話もしていますが、麺屋さんだと客と話をしている暇が無い位忙しそうに思うのですが。
Posted by ESE at 2013年05月13日 07:26
ふふふふ。

補足しておきまする。

「てんぷらや」といいましても、

学生街の…でも、けっこう、ちゃんとしたてんぷらなのですが、

値段は、当時…

定食で500円、天丼だと450円、

ちなみに、大盛り無料★

…というお店でした。

安いお店なのですが、お店のレベルは、安っぽくはありません。

いいお店でした☆

Posted by トニー at 2013年05月14日 22:56
トニーさん、補足ありがとうございます。
それは学生でも手が届く値段ですね。
そんな天ぷら屋さんがいきつけだったとは羨ましい^^;
Posted by ESE at 2013年05月15日 00:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。