2012年10月09日

縄文なべまつり


2012.10.8(月・祝)
八戸公園子供の国において
縄文なべなつりが開催されました。

八戸公園子供の国というのは
植物園や遊園地、動物放牧などが
ある複合公園で、
DSCF7819.JPG
動物と触れ合ったり、
DSCF7821.JPG
遊園地で観覧車やジェットコースターで
遊んだり、
DSCF7858.JPG
キャッチボールやバドミントンをしたり
とんぼ取りなどの昆虫採集をしたり
DSCF7918.JPG
単純に散歩をしても気持ち良いし、
DSCF7826.JPG
お弁当を作ってきてピクニックをしても
いいし、その場でバーベキューをして
楽しんでもいい、と

何でも出来る場所です。
八戸にお住まいのお子様がいる方で
この場所に行ったことのない方は
皆無ではないでしょうか?
DSCF7832.JPG
この公園には
巨大な遮光器土偶の親子が
あります。この下のステージで
色々な催し物をするのですが、
人の大きさと比較すると
土偶がいかに大きいかが
わかりますね。
この中には巨大ロボットが
隠してあります(冗談です^^;)

20121008NabeMatsuri.jpg
この巨大縄文親子像のすぐ横にある
縄文鍋にて2,500食の
せんべい汁が作られ、
1杯100円にて販売されました。
DSCF7784.JPG

DSCF7785.JPG

DSCF7809.JPG

DSCF7840.JPG

DSCF7887.JPG

DSCF7889.JPG
作っているのはパークホテルの
料理人だそうですが、
この作っている最中に鍋に
落ちれば死ぬぞっていう
シチュエーションで
料理人である必要が
あるのでしょうか^^;

だいたいこういう時に使われる
発泡椀に入る量は
たかがしれているので
引換券を2枚購入です。

大鍋で作るとどうしても
具材が偏るので2杯買って
中身をちゃんと調べる目的もあります。
DSCF7908.JPG
思った通り
片方には魚が入っていますが、
(ポツポツと黒く見えるのは魚の皮)
DSCF7907.JPG
もう片方には魚が入っていない
変わりに結びコンが入っています。


当たり外れが出るなぁ、と
思いながら食べていたら
後ろの家族連れは
自分のは汁が少ないと
騒いでいるお子様もいました。

量も適当なんですね^^;

でも、たくさん作るとなんでこんなに
美味しくなるんでしょう?
かなり美味しかったです。

満足しての帰り道、
12時ちょっと過ぎですが、
車が駐車場にも第2駐車場にも
入れずズラッと並んでいました。
この方達は2,500食以内に
入るのはもう無理なんじゃないかな?

イベント事には早く行ったほうが
良いですよ。

posted by ESE at 00:00| 青森 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も縄文なべまつりに行ってきました。
11時頃に行きましたが、第1駐車場が満車で第2駐車場にはすんなりと入る事が出来ました。
家で作るよりは味が薄いと感じましたが、ダシが効いていた分おいしかったです。
おにぎり2個とせんべい汁2杯でおなかいっぱいになったのでお得ですし、秋空の下でジャズを聞きながら食べるのもいいものだと感じました。

ちょっと余談なんですが、あの大鍋は私の父親が行っている会社が受注して作ったそうです。
あんなに大きいと作るのも大変だったそうですよ。
Posted by KOOL at 2012年10月09日 00:38
土偶はかなりおおきいですね!!
このイベントは、昨日の夕方のニュースワイドで知りました(><; )すでに、後の祭りでした。
Posted by 浜少年 at 2012年10月09日 07:07
このイベントは知っていましたが、しばらく前に長男が行かないというので、予定して無かったです。
連休で帰ってきていた旦那さんは夕方のニュースで知り、行きたかったと…
すぐ近くを通り過ぎ、お昼は朝もやの館でそばを食べましたよ〜
Posted by はふり at 2012年10月09日 10:59
遮光器土偶は、是川遺跡からもでたんですかね?
ただ単に縄文のシンボル?
それにしても、鍋がデカすぎますね〜
作業現場です(笑)
食欲が・・・
Posted by Kリーダー at 2012年10月09日 11:50
お天気良くて良かったですね。
かなり大きい鍋なので具はどうしても偏りますね。
これからの休日ゆっくり寝ていられませんね(笑)
Posted by りりり at 2012年10月09日 13:46
ええ!ここの土偶、親子だったんだ!知らなかったです!
Posted by ヤキリンゴ at 2012年10月09日 18:55
KOOLさんも割と早い時間に行かれたのですね。
私は受け取り口に最初から数えて4番目に並んでいる位早く行ってましたよ。
鍋の受注ってどこの管轄なのか気になるところです^^;
Posted by ESE at 2012年10月10日 07:31
浜少年さんも行きたかったようですね。来年もやるでしょうから来年にカレンダーを買ったらすぐに体育の日をチェックしておきましょう^^;
Posted by ESE at 2012年10月10日 07:32
はふりさん、おはようございます♪
だんなさんの希望が叶わなかったとは残念。でも朝もやの館のそばはおいしいからそれはそれで良かったことにしておきましょう^^;
Posted by ESE at 2012年10月10日 07:34
Kリーダー さん、是川考古館には行かれたことがないですか?色々な種類の土偶や漆塗りの注口土器等展示されているので是非一度ご覧ください。
現代のお土産売り場で売っていてもぜんっぜん不思議ではない完成度の高い作品群なのでおすすめです。
Posted by ESE at 2012年10月10日 07:40
りりりさん、おはようございます。
そうなんです、具の偏りは同じ鍋からすくったとは思えない程でした。これは2個だけだとまだ入ってない具材があるかも^^;
Posted by ESE at 2012年10月10日 07:42
ヤキリンゴさん、どっから見ても母と子にしか見えないと思うのですが・・・。
ところでもっと近くに寄ってみると地震対策だと思うのですが、この手を繋いでいるように見えるのは遠近法であって、実際には繋がってはいおらず、空間があいていています。そんな発見をするのも面白いですよ^^;
Posted by ESE at 2012年10月10日 07:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。