2011年08月28日

ウォーキングの効用

最近、歳のせいか、代謝が悪くなったらしく
太ってしまい、自分ではそれほど意識していなかったのですが、
お盆で久々に会う親戚全員に「太ったね〜」という
言葉を貰い、一念発起。

運動はしばらくしていなかったので
「走る」などという無理せず、ウォーキングから
入ったのですが、お盆が終わってまだ1〜2週間だというのに
明らかな変化が。
(体重の変化ではないのがイマイチ納得のいかない所ですが)

勘が冴えてきました。

前に散歩をしていた時にも結構、
「ひらめき」って歩いている時が
多いな、位には思っていたのですが、
「勘が冴える」はその延長線上でしょうか。

これってたぶん、この感覚を突き詰める所までつきつめればきっと
超能力者も夢ではないって感じです。

しかもそれって「何か不思議な力を感じる」っていうのではなくて
ごく普通に自然に自分にとっては当たり前、みたいになるので
TVでは前に前にと、出ようとする超能力者ってキワモノが多いけど、
本物にとっては当たり前すぎて前に出る気すらおこらないのかも
しれないと思います。

私のウォーキングの成果のひとつとして
もう何か月も見ていなかったツィッターを
ふと気が向いて見てみたら
ツィッター企画で懸賞を行っていたマクドナルドの
1,000円カードが当選していました。
今、見なければそのまま当選の権利を失う所でした。

良い勘してるっと思い、
もしかしたら歩いている効用かも
しれないと思って書いてみました。

実はひらめきが大切な「発明者」と呼ばれる
偉人達の趣味は共通して「散歩」だったとか。

現代でトップで活躍している運動選手達の
共通している幼少期の環境は
「裸足で遊んでいた」ということだそうです。

足は第2の心臓とも言われ、
ギュッギュッと踏むことで
ポンプの役割を果たしています。

日本最初の地図を作った
伊能忠敬は日本全域を歩いて回ったがゆえに
人生50年と言われている時代に
長生きできたと言われているのは有名です。


いや、いろいろ、言い訳したけど、
太ったから歩きます。という宣言です。はぃ^^;
posted by ESE at 23:10| 青森 ☀| Comment(4) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もし、下半身も気にかかるようでしたら、ウォーキングのおともにクロスウォーカーと言うパンツが有るのですが、中々侮れませんよ。
ワコール製で男のブランドはブロスと言います(*^。^*)
Posted by 鉄骨スープ at 2011年08月29日 07:39
ウォーキングして体を使い汗を流すと頭や勘が冴えてくるのでしょうね。
徐々に体重が落ちると良いですね^^
Posted by りりり at 2011年08月29日 15:19
鉄骨スープさん、こんばんは!そうですか、探してみますね。
Posted by ESE 青森からこんにちは at 2011年08月29日 22:49
りりりさん、こんばんは♪
体重が減りません。やっぱり量を食べるからでしょうね。
Posted by ESE 青森からこんにちは at 2011年08月29日 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。