2013年05月08日

天岳 再訪 丼ぶり無料


先月4月10日にOPENした
八戸は新井田の 麺屋 天岳

一ヶ月経過したので
色々落ち着いただろうと
思い、行ってみました。

うーんと、
お昼にはちょっと早いとは
いえ、誰もお客さんが
いない店内に入るののは
ちょっと抵抗がありますね^^;
DSCF9048.JPG
ま、1人でも
カウンターではなく
テーブルに座れるし、
写真も撮りやすいので
私的にはOKですが・・・。

メニューは
DSCF9045.JPG
天岳らぁ麺(680円)、
しょうゆ(650円)、
塩(630円)、
赤とんこつ(780円)、
白とんこつ(730円)、
あごだし(580円)、
にぼし(530円)、
お子様らぁ麺(500円)
等がありますが、

店員さんにお聞きした所、
とんこつに限らず、
どのラーメンでも
替え玉(150円)は可能だそうです。

で、気になるのは
この天井にある
DSCF9047.JPG
“肉の贅沢らぁ麺”(1,380円)
“海の贅沢らぁ麺”(1,280円)
高いですねぇ。
1日5食限定って、
さぞかし
美味しいんでしょうねぇ。

でも、こんなものは
私には到底注文出来ないので
あごだしラーメンを注文です。

DSCF9046.JPG
何と、
ラーメンを注文したら
通常120円の
DSCF9044.JPG
これらの丼ぶりもの
@玉子
Aたぬき
B梅
Cかつおぶし
D梅がつお
Eバター
Fネギチャー
Gチャーマヨ
の8種類のうちいずれか
ひとつが
無料でいただけるそうです。

今回はネギチャーを
頼んでみました。

でも注文をとり終わった後、すぐに
メニューを持っていってしまうのは
感心しませんね。

注文した後でも
ラーメンがくるのを待つ間に
とか、
ラーメンを食べながらでも
今度このお店に来た際には
これでも頼んでみようかな、
とメニューを見ながら
吟味するのが楽しいのですから
メニューを目の前から
撤去するのは断固反対!
プンプン・"(>0<)"・

おっと、そんなことを
考えているうちに
きました。
DSCF9055.JPG
あごだしのスープは
あっさりしているけれども
DSCF9058.JPG
香ばしくて風味豊か。
DSCF9060.JPG
うん、岩のりも調和がとれていて
おいしいです。
DSCF9054.JPG
ネギチャーも
大体想像出来る味の範疇でしたが
無料なら是非頼むべきものですね。

このチャーシュー1枚を見て、
味わってわかることは、
DSCF9063.JPG
前回食べたラーメンに
入っていたものは
豚バラ肉を使ったものでしたが
今回は違うので
この店のチャーシューは
1種類ではなく
ラーメンによって
使い分けているということ。

この網目模様から
伸縮性のあるネットに
入れて煮込んだものであること。

豚もも肉の中でも
シンタマと呼ばれる
赤身部分であること。
肉質が柔らかく
煮込みすぎれば
固くなるので取り扱い注意な
部位なのですが、これは
柔らかいままなので
うまい作り方をしているということ。

店主さん、良い腕していると思いますヨ。

私が時々、
ラーメンに
チャーシューが
入ってなかった、と
愚痴をこぼしているのは
チャーシュー1枚に
これだけ詰まっている
情報を汲み取れないから
なんですよ。
けっして
せこいからでは
無いのですっって
セコイのは知られているから
無理があるか(^^ゞ

丼ぶり無料は
11時開店〜15時までの
ランチタイムのみのサービスです。
DSCF9042.JPG
営業時間
11時〜21時
DSCF9065.JPG
posted by ESE at 00:00| 青森 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。