2013年05月05日

だるま芋まつり


青森県内に
お花見の名所はたくさんありますが、
開花状況等の情報がほとんど
ネット上に出回ることが無い為、
お花見の穴場的な存在とも言えるのが
DSCF9009.JPG
ここ、下田公園。

まだ満開にはちょっと2〜3日早いですが
白鳥飛来地、間木堤から続く
DSCF9005.JPG

DSCF9007.JPG

DSCF9006.JPG
見事な桜並木の道は散歩にうってつけです。


DSCF9014.JPG

DSCF9029.JPG

DSCF9015.JPG
子供の広場や
高さ29mの展望台等も
あり、家族で楽しめる場所です。


ここで
5月4日(土)5日(日)の日程で
“だるま芋まつり”が行われています。
DSCF9008.JPG
そもそも、だるま芋って何だ?と
言う方の為に説明すると

青森県産の代表格野菜である
長芋の突然変異種で、
従来の長芋に比べて直径が太く、
下ぶくれのずんぐりした形の
小型で食べきりサイズの長芋です。
つまり実際には長い芋ではないので
だるま芋というネーミングになるのです。

食味は長芋よりも
デンプン質が多い為、
甘さが強く、コクがあるのが
特徴です。

長芋より粘りが強く
とろろにすると箸でつまめる程。

すいとんにしても
汁に溶けないで
つるつると
食べることが出来ます。

おいらせ町では
だるま芋の高付加価値化として
古くから地元で食べられてきた
“長芋すいとん”を元に
だるま芋の粘りを
活かした芋もち、
へっちょこ団子(へっちょとはおへそのこと)
を、
同町の特産品である
銀の鴨のスープで
いただく
おいらせだるま芋へっちょこ汁を
作り出しました。
DSCF9012.JPG
今回のだるま芋まつりでは
それをひろめる目的があるのでしょう。
(だるま芋自体は1997年から
おいらせ町で栽培が始まっているのですが、
へっちょこ汁は昨年デビューしたばかり)

11:30〜先着200名に
このへっちょこ汁のお振る舞い

午後1:00〜は
洗いだるま芋を先着100名に
プレゼントするという企画


この時間以外には普通に
DSCF9020.JPG
1本200円で売られている
だるま芋ですから
DSCF9013.JPG
長蛇の列が出来ます。
限定100人に入らないと
もらうことは出来ませんが、
最後尾の札を持っている方に
今、何人位並んでいるか
聞いてみるのも手ですね。

まぁ、いずれにせよ
時間前に行って
並んでいないとゲットは
難しいでしょうね。
DSCF9023.JPG
私はもちろん並んで
ゲットしました^^;
晩ご飯に山かけご飯で
海苔をたっぷりかけて
いただきましたが、
何というか、間違いの無い味ですね。
まずい筈が無い。


午前のへっちょこ汁の
お振る舞いは明日にも
行くことができれば
食べてみたいですね。

お祭りなので
それなりの屋台も出ています。
DSCF9022.JPG

DSCF9017.JPG
まだ明日5月5日もやっていますので
家族でお花見がてら
時間になったら
テントの前に並ぶ、と
いう過ごし方は
いかがですか?


続きを読む
posted by ESE at 00:00| 青森 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | おすすめスポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。