2013年04月26日

八戸の桜


タイトルは“八重の桜”にひっかけたわけでは
なくて、そのままの意味です。

天候に左右されるので
開花宣言が当初の予定よりも
だいぶ押して押して
いつになるのか?と
気を揉んでいる方も
いらっしゃるでしょう。

八戸市の開花宣言は
桜の標本木を基準にしていますが、
DSCF8791.JPG
この標本木、館鼻にある
グレットタワーの下にあります。
DSCF8786.JPG
グレットの意味わかりますか?
グレートの意味も、ちょっと込めていますが、
メインの意味は
南部弁で全部という意味です。
つまりまわりをグレッと
見渡すことの出来るタワーなので
グレットタワーと言う名前なのです^^;
(青森市にある
ワ・ラッセやラ・セラ等も
似たような名前の付け方をしていますね。)
DSCF8796.JPG
ここは標高が高い上に
海を見下ろす地形ですので
水辺の近くはやはり気温が
低いのは想像しやすいでしょう。
DSCF8789.JPG

DSCF8790.JPG
4月25日現在で
つぼみがかたくて
まだまだあと4〜5日は
かかりそうだというのは
見てとれます。
DSCF8793.JPG
でも、胴吹きの桜は咲いていました^^

ここは標高が高い上に寒いと
いいましたが、もっと低い場所は
どうなのかと言うと
DSCF8802.JPG

DSCF8804.JPG

DSCF8806.JPG
明らかに違いがあります。
大体七分咲きと言った所でしょうか。

標本木の下でのお花見は
まだ先になりそうですが、
平地ではもう
花を愛でるには十分な感じは
受けますね。

今週末あたりから
あちこちで
宴会が始まりそうな
予感です^^;
posted by ESE at 00:00| 青森 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 郷土 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。